【海外移住】一度は挫折して不法滞在者になっております

投稿者:

先日こちらの「海外移住までの道のり日記始めます」を更新したところ、ここ最近で一番アクセスがありました。ビキニの記事よりも。(笑)しかもですね、世界中からアクセスがあったんですよね。いつもは基本は日本からのアクセスが多いんですが。(日本語なので当たり前)多分、海外に滞在中の日本人で「移住しよう」と思ってる人に読まれたのかな?と予測しております。

私が最近読んでいるブログで、「よっせんす」というブログを書いている「よす」という方がいるのですが、彼も20年くらいカナダに移住しようと考えているらしく、海外移住についてかなり詳しく書いております。

日本人が思っているほど海外移住は簡単ではないという話

私はたまたまヨーロッパに住みたいと22才くらいから思っていて、たまたま28才の時にヨーロッパの人に出会って30才で日本で結婚したんですよね。これ、「引き寄せ」じゃない?と私思ってます。

Capittana 2019

別にヨーロッパに引っ越ししたいからヨーロッパ人の中から婚活したとかじゃないです。もともとヨーロッパの人とやたら気が合うからヨーロッパに引っ越ししたいと思っていた、という経緯があるので、ヨーロッパの人と結婚するのはまぁ当然なのかなとも思いますが。

dummy
Luz

ちなみに出会いは共通のブラジル人のお友達がいるという、「友達の紹介」です。

VISAを取るのは簡単ではなかった

20歳でオーストリアに行き、語学学校に通ったり色んな仕事をしながら、8人もヨーロピアンが住むシェアハウスでビーチ沿いに暮らしていました。

オーストラリアに住んでいながら、友達は全員ヨーロピアン。留学生や、ワーホリで放浪している人など色々な人と毎日過ごしていて、私ってヨーロッパの人と気があうんだな…ヨーロッパ行ってみるか!とオーストラリアからヨーロッパにそのまま3ヶ月、観光ビザで旅行に行ったんです。

ヤバイ…ヨーロッパ に住みたい‼️イタリアに住みたい‼️

と、バイヤーになる夢とか後回しにして、なんでもいいからイタリアに住む方法を見つけてやる!とイタリアの学校を調べて、日本で1年お金を貯めて、必死でイタリア語を勉強して学生ビザでイタリアに留学しました。

Capittana 2019

面白い事に、留学前に日本の電車の中で隣に座ったイタリア人女性がいて、話しかけました。「私、イタリア語勉強してるんだ、イタリアに留学するの!」と。

偶然にも彼女はフィレンツェの近くに住んでいて、彼女と友達になりフィレンツェでは彼女の家の一部屋を借りて少し住んでました。(今のでもこのイタリア人とはお友達!電車の中の出会いに感謝)

留学中はもちろん楽しい事ばかりじゃないです。

最初は周りの人の言っている事についていけないし、慣れない言語で話してると滅茶滅茶頭がつかれるんです。

ある程度イタリア語が話せるようになってレストランでバイトを始めたけど、このレストランのスタッフたちが、かなりクセもの。

超面倒臭いひとたちで。笑

忙しければ日常茶飯事で Fuck you !!!(英語でもイタリア語でも。くたばれの下品な言い方)と飛び交うんですよ。

マネージャーはスコットランド人、スタッフにはイタリア人、クロアチア人、ルーマニア人、モンテネグロ人、オーストラリア人、アメリカ人、ブラジル人などがいたんですが、日本でいう普通の人は1、2人くらいで、ほとんどの人が超変わり者でした。笑

それでも毎日が「生きてる」と実感の湧く日々で、レストランのオーナーにビザの申請を頼みました。

実は申請してくれました!が!!!

申請の仕方が間違っていたんですね、去年までのやり方でそのレストランは申請。そして申請の仕方が間違っていると気が付いた時には、すでにその仕事は失っていました。イタリアの観光地での仕事は「夏」が忙しく、冬は沢山の人がクビになります。そして夏のためにまた雇う、という事を繰り返します。なので学生とかを雇う事が多くて、安定した仕事を手に入れる事ができる人は少ないんですね。仕事がないなら貯金で生きるしかないんです。

Capittana 2019

気づいたら不法滞在者でした

学生ビザが切れて、就労ビザの申請の仕方が間違っていた。そして半年が過ぎていた。つまり、知らない間に不法滞在者になっていたんです。色々心の中で葛藤し、日本に帰る事を決めました。

でも、意外な事に、イタリア出国時に日本に帰ろうとしている元不法滞在者を止めたりする事はないようです。なので、粘ろうと思えば多分、何年も不法滞在者でいられます。

イタリアに住んでいるお友達でビザの申請の結果待ちでイタリアから出ていいのか悪いのかわからないという理由でずーーーーっと何年も(多分7,8年かもっと)イタリアから出ずにビザが出るのを待っていた人がいます。ビザが出るまで、何年もかかるものなんですね。なので、就労ビザが降りてから仕事探そう、とかはイタリア周辺の国では諦めた方がいいと思います。

Capittana 2019

あれから11年

そんな不法滞在者事件からかれこれ11年前後がたち、今 夫とヨーロッパ移住に再び挑戦しようとしている所。

何で結婚してから5年も日本にいたのかは自分たちもよくわかりませんが(笑)確か「お金を貯めてからヨーロッパ行こう」と言っているうちに子供ができたりなんだかんだあり移住について深く考える暇がなかったんでしょうね。あっ!という間に5年!

最初に紹介した「よっせんす」のブログのヨスさんは20年も海外移住を希望して近々実行しようと思っている?っぽいので、海外移住って、すごい大ごとなんだなと今頃実感しております。

Capittana 2019

引き寄せだと思う

私が一番言いたかった事はですね、「○○がしたいな」と強く思っていると、本当にそのような出会いが沢山あるんだなという事。全くスピリチュアルな本とか読んだ事ないんですが、これが引き寄せと呼ばれてる物なのかなと。

  • バイヤーになりたいと思っていた私に「ブラジリアンビキニのサイトの翻訳」の仕事がフランスから舞い込み、それをきっかけにビキニのショップを作る事になった。
  • フィレンツェに留学しようと思っていたらフィレンツェ在住のイタリア人と日本の電車の中で出会ったので色々助けてもらえた
  • ヨーロッパに住みたいという夢を忘れていた頃にヨーロピアンの夫と出会って結婚した

これからも夢を具体的に持って、引き寄せて行こう!!と思うという話でした。(笑)

オススメビキニコンテンツ

ビキニ好きに役立つ最新ニュースをメールマガジンでお届けいたします。水着の早割りや、イベント情報、ポップアップショップ情報など!ぜひ会員登録してメールマガジン受信にチェックしてくださいね!

BMC会員登録はこちら
特別なビキニをお探しの方はこちら

当店のロゴは、人生という海を自らのコンパスと舵を使って渡航する、旅を愛する自由で自立した女性、太陽が大好きなキラキラした女性を応援するショップでありたいとう願いがこもっています。                                                                  ビキニのある日常には普段にはないサプライズがある。小さなサプライズm!zugiを沢山提供できるショップを目指していきます。

コメントを残す